フォトアルバム

おすすめ商品

Powered by Six Apart

« にごり酒 | メイン | サンド »

2010年9月14日 (火)

毎度お騒がせします。

LSSの岡部さんまでご登場いただき、お騒がせしております白濁ですが、昨日の夜中に白濁のまま水槽にぶっこんじゃいましたよ(笑)

 

(一応、関連記事のリンクです)
http://nemo.blog.eonet.jp/chura/cat7141117/index.html

 
 

まぁ、白濁といっても、調整剤(ケルプ粉末)が溶けきってないだけだし、大丈夫だろうとドキドキしながらも入れちゃった(笑)

一応、サンプからの戻り管のバルブを止め、サンプから20L抜き、そこへ濃縮天然海水を1L計量カップで入れてみました。(なんとなくポンプにホースつなぐのがめんどくさくてカップでやっただけです)
で、しばらくサンプだけでまわしてました。(BioPelletsリアクター、スキマーはONです)
20分くらいかな?
でも、この時点では白濁は消えず。

クーラーないし、夜中だし、で、放置して寝ましたw

翌朝見ると、なんということでしょう。
白濁が消えて、クリアーな海水に戻ってました!(そりゃそうか)

と、まぁ、前々回の記事のLSS岡部さんのコメントにもありますが、少量の海水を作るときは、調整剤の計量の誤差で溶けきれずに白濁することがあるそうです。
まぁ、うちはキッチン用の計りですし、精度は低いですからねw

というわけで、オススメは100L全量作ること!!
少量なら10L用のが良いということです。
でも、10L用は割高ではないですか?^^;

 

あ、そうそう、クリアーになった水槽ですが、調子は良さそうです(^^
何回か使ってみないと、すぐにはわからないですけどね。
まぁ、劇的に変化するものではないので、難しいですけどね。

 

調整剤さえ溶ければ、使い勝手はいいかも?
あ、RO水用はRO溜めるのに時間かかりますけどねw
普通の天然海水のようにすぐには入れられないですが、保管するのに場所は取らないです。
天然海水なので、もちろん微量元素はバッチリです。
濃縮時に析出して足りない要素は調整剤にて補完できるので、問題なし。
調整剤溶解後、12時間~24時間ポンプでまわすとベターと説明書に書かれてますが、そんなに長時間まわさなくても大丈夫でしょう。(今回は調整剤が溶けきらなかったですがw)
人工海水よりは高いけど、普通の天然海水よりは安い。

 

ということで、初回のレポでした。

コメント

どもっ
ばっかるこーんです(笑)
濃縮海水ご購入ありがとうございます

溶解させるときは 必ず水を規定量入れてから魔法の粉を溶きましょう
慌てると 溶け切りません 結果 必要な成分が不足しまする

海水を先に入れたりも御法度です(^^)v

効果を見るには20%以上の水換えを短いサイクルでやると見えてくると思われます

今後とも エロス岡部共々よろしくお願い致します(T_T)

>ばっかるこーんさん
ちがう、よっちゃんいかさんw

水は規定量入れたのですけどね。。
一応、手順通りにはしたのですよ。
でも白い粉が多かったのでしょうねぇ。。

なるほろ。では、週1くらいで20%以上で大丈夫ですかね?

いえいえ、こちらこそよろしゅうお願い致します!

コメントを投稿

飼育日数

ブログパーツ