フォトアルバム

おすすめ商品

Powered by Six Apart

人工海水・天然海水 Feed

2015年4月11日 (土)

東海汽船さんの黒潮天然海水(2)

 

↓東海汽船さんの黒潮天然海水換水2回目

Img_2517 

 

Img_2558 

この写真じゃ違いはわかりにくいですね(汗)

 

これが一番わかりやすくなるかとこの写真しか撮ってない(笑)

 

開きはよくなったかな?

2015年3月29日 (日)

東海汽船さんの黒潮天然海水始めました。

どうも。久方ぶりに更新です。

 

なんと、3年も放置してました(笑)

 

なぜ今更ブログ書いてるかと言いますと、

タイトルの通り、東海汽船さんから販売されている天然海水を使い始めたからです。

 

ツルケンさんのブログでモニター募集をされており、応募したところ当選いたしました\(^o^)/

モニター期間は1ヶ月間で水量は1パック20Lが5パックの合計100Lです。

私は最初に2パック、2週間後に3パックでお願いしました。

 

が、1便目の海水が天候により採水が遅れ、お願いした日の翌日到着予定となりました。

その日は予定があったのですが、再配達依頼すればいいやと軽く考えてたら、

帰宅時間が再配達締め切り時間超えた\(^o^)/ww

 

というわけで、1週間後に受け取りましたw

 

東海汽船さんに受け取りが遅れることをお知らせして、念のため水質が問題ないか聞いてみましたが、黒潮は貧栄養海水でプランクトン等微生物含有量は微細なため1週間程度なら問題ないとの事。

 

そりゃ、そうだ。予定どおり届いても1パックは1週間置きっぱなしにするしw

 

ただ、長時間高温にさらされていたら、水質が変化しないとも言い切れないので、

状況によっては再送してくださると仰って頂きました。

ご丁寧な対応感謝致しますm(_ _)m

 

まぁ、この時期なら大丈夫だろうと再送はお願いしませんでしたが、

夏場は配送の受け取りは気をつけないといけませんね。

 

ということで、やっと届いたブツです。

 

Img_2497

Img_2498

 

普通の天然海水のパッケージですが、

東海汽船さんではこんなノズルも販売されてます。

 

Img_2512

 

蓋を開けてこれを取り付ければ、ドババババーーーーと一気に入れられます笑

 

段ボールに入れたままにすれば入れやすいですね。

 

ちょっと重いですけど笑

 

ノズル無しの場合は、ホース差し込んでホースの逆側をちょっと吸えばサイフォン方式で入れられます。

 

ノズルは、ノズル付きのパックとノズル単体で販売されてます。

 

肝心の水質はというと・・・

 

ツルケンさんのブログに載ってます笑

・Mg マグネシウム 1327.00mg/l
・Ca カルシウム  430.20mg/l
・K カリウム  409.80mg/l
・Sr ストロンチウム 8.01mg/l
・Fe 鉄分 0.45μg/l
・I  アイオディン 75.67μg/l
(引用元:http://ameblo.jp/takaya0833/entry-11996473249.html)

 

換水前。

Img_2500

Img_2499

 

換水後。

Img_2508

Img_2507

 

特に変化なし笑

急に変化出たら逆に怖いですが笑

印象的には海水の透明感があがった気がします。

キラキラ度が増した感じです。

 

現在、我が家の水槽はコケまみれ。

おまけに最近シアバクまで現れ始め、、、ますますテンション⤵️⤵️

 

今回のモニターをきっかけに改善、テンション⤴︎⤴︎できればいいなぁという感じです。

 

天然海水は初めてではないですが、メリットデメリットを挙げるとすると、

デメリットは、

  • コストがかかる。(ズボラな人にピッタリ)
  • ストックする場所に困る。

くらいでしょうか。

 

メリットは、

  • 海水作らなくていいから楽。
  • 人工海水では得られない成分を得られる。
  • 水槽内の生物たちが喜ぶ。

 

何と言っても、伊豆諸島近海の黒潮というのが魅力的ですね。

自然の恵みを水槽に入れられるのが良いです。

ただ、コスト面を考えると天然と人工半々くらいが現実的でしょうか。

モニター終了後も定期的に使用したいと思います。

 

東海汽船さんの販売サイトはこちら。

http://tennenkaisui.theshop.jp/

キャンペーンコード:CCMONI2CC

★1決済毎に300円の割引クーポンをプレゼント

2010年10月25日 (月)

改めて濃縮天然海水

以前の記事で、LSSの濃縮天然海水アクアパーフェクトシーソルトを初購入したときのレポを書きましたが、
あの時はあまり良い方法で作ってなかったので、改めてレポをしたいと思います。

 

Img_1081 Img_1082

 

うちでは濃縮天然海水のRO水用を使っているので、
まずはRO水を90L溜めます。(これはいちばん時間がかかってめんどくさいw)

次に付属の魔法の白い粉(ケルプ化石の粉)を全部入れて、ポンプで撹拌し、溶かします。
白い粉を入れたら濁りますが、問題ないです。

Cimg2558

とりあえず濁りがほぼなくなるまで撹拌します。
多少白くても大丈夫ですが、濁ってない方がベターです。

Cimg2559

粉が溶けたら、そこへ濃縮海水をドバっと全量投入します。

そしてまたポンプで撹拌。
濃縮海水と真水をよく混ぜるのです。
取説には24時間まぜるとありますが、そこまでしなくてもいいのではと勝手に思ってます。

 

(今回は夜だったのでこのまま放置しました)

 

翌朝の写真です。

Cimg2574

 

こんな感じで海水できあがり。

ちょこっと黄緑色なんですが、水槽に入れたら透明になり水も煌きますw

あとは換水するだけです♪

 

人工海水で作るよりは全然楽ですね(^^)

2010年9月14日 (火)

毎度お騒がせします。

LSSの岡部さんまでご登場いただき、お騒がせしております白濁ですが、昨日の夜中に白濁のまま水槽にぶっこんじゃいましたよ(笑)

 

(一応、関連記事のリンクです)
http://nemo.blog.eonet.jp/chura/cat7141117/index.html

 
 

まぁ、白濁といっても、調整剤(ケルプ粉末)が溶けきってないだけだし、大丈夫だろうとドキドキしながらも入れちゃった(笑)

一応、サンプからの戻り管のバルブを止め、サンプから20L抜き、そこへ濃縮天然海水を1L計量カップで入れてみました。(なんとなくポンプにホースつなぐのがめんどくさくてカップでやっただけです)
で、しばらくサンプだけでまわしてました。(BioPelletsリアクター、スキマーはONです)
20分くらいかな?
でも、この時点では白濁は消えず。

クーラーないし、夜中だし、で、放置して寝ましたw

翌朝見ると、なんということでしょう。
白濁が消えて、クリアーな海水に戻ってました!(そりゃそうか)

と、まぁ、前々回の記事のLSS岡部さんのコメントにもありますが、少量の海水を作るときは、調整剤の計量の誤差で溶けきれずに白濁することがあるそうです。
まぁ、うちはキッチン用の計りですし、精度は低いですからねw

というわけで、オススメは100L全量作ること!!
少量なら10L用のが良いということです。
でも、10L用は割高ではないですか?^^;

 

あ、そうそう、クリアーになった水槽ですが、調子は良さそうです(^^
何回か使ってみないと、すぐにはわからないですけどね。
まぁ、劇的に変化するものではないので、難しいですけどね。

 

調整剤さえ溶ければ、使い勝手はいいかも?
あ、RO水用はRO溜めるのに時間かかりますけどねw
普通の天然海水のようにすぐには入れられないですが、保管するのに場所は取らないです。
天然海水なので、もちろん微量元素はバッチリです。
濃縮時に析出して足りない要素は調整剤にて補完できるので、問題なし。
調整剤溶解後、12時間~24時間ポンプでまわすとベターと説明書に書かれてますが、そんなに長時間まわさなくても大丈夫でしょう。(今回は調整剤が溶けきらなかったですがw)
人工海水よりは高いけど、普通の天然海水よりは安い。

 

ということで、初回のレポでした。

2010年9月13日 (月)

にごり酒

濃縮天然海水アクアパーフェクトの白濁ですが、夜になっても濁ったままですた・・・orz

 

これがただしいのか、なにかやり方まちがえたのか、わかりませんが。。

 

濁ってると不安だなぁ・・・。

 
 

とりあえず、塩分濃度とリン酸塩濃度計ってみたら、
1.0235くらい
0.00でした。
塩分濃度はレッドシーので、リン酸はHANNA(ppm)です。

ほかのも測った方がいいんでしょうか、メンドクサかった・・・(笑)

 

すべてはクーラー故障のせい、、ということにしておこう。

2010年9月12日 (日)

濃厚白濁

昨晩、水換えをするためにLSSの濃縮天然海水アクアパーフェクトを薄めてみた。

 

作った海水は20L分。

 

Img_1002

マッコリ!

 

RO水18Lに魔法の粉を入れて、濃縮天然海水を入れます。

 

すると、こんなに白濁。

 

12時間~24時間循環ポンプをまわすと説明書に書いてあったので、まわしてますが、今朝見てもまだマッコリ。

 

これで良いんでしょうか…。

 

これで合ってるとしても、めんどくさい。。。

 
 

すぐに入れられない。

 

良く考えたら、魔法の粉はケルプの化石からできているから、すぐに溶けるわけないか。

 

急いでるときは、普通の天然海水か人工海水の方が良いかな。

 

少なくとも、僕には向いていないw

2010年9月10日 (金)

濃い~の

Img_0998

濃ゆ~い 海水。

 

LSS研究所の濃縮天然海水 アクアパーフェクトシーソルトを買いました。

 

思ったより箱が小さかった。

濃縮だもんね。当たり前だw

 

この濃縮天然海水は、ジャワ海の海水を現地の塩田で濃縮したものだそうで。

濃縮されてるから、いくつかの成分が析出してしまい、そのまま真水で戻しただけでは成分が少なくなってしまっているようで(特にCaとか)、別に魔法の粉が付いてますw

その粉で調整することにより、天然海水ができあがります。

 

って、コーラルフィッシュ誌でも取り上げられていたので、詳細はそちらかLSSのサイトでw

 

で、たしか、よっちゃんいかさんが使っておられて、すごく良いとおっしゃってましたね!

 

平井店長もよさげとおっしゃっていたので、使ってみようと思います。

 

まだ、入れてないので、なんとも言えませんw。
まぁ、入れても何も言えませんがねw
使い続けないとわからないですからね。

45水槽の立ち上げもこれ使うか!?
もったいないか。。

 

 

飼育日数

ブログパーツ